[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル安土城復元について
記事No: 68 [関連記事]
投稿日: 2002/10/21(Mon) 13:11
投稿者yumearu

はじめまして。
突然なんですが、安土城復元にはいったい総事業費いくら
費用がかかるのかぜひ知りたいです。
メールお待ちしております。

夢コーディネーター 
加藤清司


タイトル安土城の工事費用
記事No: 69 [関連記事]
投稿日: 2002/10/22(Tue) 00:53
投稿者淳也
URLhttp://asitaka.s4.xrea.com/az1/index.htm

こんにちは、はじめまして。

えーっと、総事業費ということですが。
私は、建築業界とは関係無く、木造建築の積算を行った事がないので、
っていうか、まだ床下構造や、梁の掛け方、階段の段数について、
復元案がまとまっていない段階なので、はっきり言って総事業費はわかりません。

と言ってしまっては、話にならないので、ちょっと考えてみました。
まず、総事業費では漠然としている上に、
この手の事業では当然必要になる、裏金・根回し工作費用や、考証・設計などの費用は、相場が有るようで無いものなので、除外して考え、

安土城復元の総事業費の定義を、安土城天主の建設工事費用のみとします。

さて、木造天守の建築費用として、平成5年建設の、掛川城の例では、
坪数92.4坪で、108562万円かかっているので、
木造天守は、坪単価1175万円で建てられると考えられます。

次に、掛川城は、白木造りで、装飾がされていないので、
安土城の費用としては、漆塗り金箔張りや、彩色の分を足す必要があります。
漆塗り金箔張りや、彩色費用として、昭和62年修復の金閣の例をあげると、
坪数109坪で、7億円かかっているので、
装飾費用は、坪単価642万円という事になりまして、

建築+装飾で、坪単価は1817万円かかると推定できます。

安土城天主の床面積は、内藤氏の復元案ですと、799.41坪、
これに、坪単価1817万円を掛けると、1452527.97万

ということで、建てるだけであれば、
合計145億2527万9700円で出来る、と考えられます。


タイトルRe: 安土城復元について
記事No: 70 [関連記事]
投稿日: 2002/11/04(Mon) 14:46
投稿者

> はじめまして。滋賀県からアクセスしてます。
>安土城は、平成元年から20年計画で、発掘並びに整備事業が進んで
>います。毎年、発掘の現地説明会に出かけますが、毎年新たな発見
>があり、大変、楽しみにしています。
>さて、yumearuさんのについてですが
>私の記憶が定かでは無いかも知れませんが、昭和50年代に
>安土城の天守閣を実際に再建しようとする動きが、安土町を中心に
>起こりました。安土城跡は、国の特別史跡に指定されておりますので
>当然ながら、文化庁の許可が必要となります。その為に、安土城
>の真景を描いたといういわゆる「安土屏風」をイタリアまで
>探しに行かれましたが、残念ながら発見に至らなかったようです。
>また、天守閣の当時の予想建築がくはイクラだったかというと?
>当時の建設業者の見積もりが、鉄筋コンクリート(当時は、建築基準
>法で、何階か以上の木造建築はできませんでした。)
>180億円程でした。
>現在の価格では
>安土城は、標高差100m?近くの安土山の頂上付近に建って
>いましたし、また、全山が高い石垣の郭だらけですので
>実際の建設が結構困難な事が多いと思います。
>信長が造ったときは、当然ながら天守閣からつくった事でしょう
>また、それを木造で建てるとなると、10倍では追いつかないかも
>しれませんねぇ
>私的には、永遠に謎であるほうがいいかも知れないと思ってます
>伊勢の戦国時代村にある安土城は、宮上茂隆氏の復元案(最も
>支持されている)
>近い格好ですが、実際に、安土山にあんな格好で
>建ったらかなり幻滅してしまうかも知れませんねぇ


タイトルRe^2: 安土城復元について
記事No: 72 [関連記事]
投稿日: 2002/11/06(Wed) 00:01
投稿者
URLhttp://asitaka.s4.xrea.com/az1/index.htm

> >安土城は、標高差100m?近くの安土山の頂上付近に建って
> >いましたし、また、全山が高い石垣の郭だらけですので
> >実際の建設が結構困難な事が多いと思います。

車両が現場に入れないので、姫路城の修理の時のような傾斜路を作ってから、
工事にかかるので、足場の費用が、そうとうかかりそうですよね。

> >また、それを木造で建てるとなると、10倍では追いつかないかも
> >しれませんねぇ

一般住宅では、コンクリート建築の方が値段が高いことから考えて、
木造の方が高くなるのは、大きい材木を調達する費用だと考えられます。

これについては、安土城の木材は「布を着せ黒漆塗り」なので、
白木で作られた一般の城郭建築と違い、構造用修整材を使えるので、
木材調達にかかる費用は、それほど大きく膨れ上がらずに、
鉄筋コンクリートと同じ位の費用で上がるのでは無いでしょうか?