安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル本能寺についての新説
記事No: 425 [関連記事]
投稿日: 2008/03/04(Tue) 23:40
投稿者淳也

3月3日16時3分配信 産経新聞-------------------------------------
 「本能寺の変」(1582年)で、織田信長が宿泊していたのは寺の建物ではなく、ごく小規模な専用御殿だったという新説を、今谷明・国際日本文化研究センター教授(日本中世史)が発表する。昨年、旧本能寺境内で相次いだ発掘調査の成果などから、「建物は最大40メートル四方クラス」と判断した。予想外に簡素だった理由については「大坂本願寺に移る予定だった」と推定。テレビドラマで繰り返し放送される大きな本堂前で奮戦する信長は虚像の可能性が高くなった。                ◇
 新説は日文研が近く発行する論文集『王権と都市』に「信長の本能寺“御殿”について」として発表される。
---------------------------------------------------------------

これが新説とは、少し驚きました。
テレビドラマならいざ知らず、歴史学の世界では、信長が本能寺内の
ごく小規模な専用御殿に宿泊していたのは常識だと思っていました。

信長公記の記述によると、

>透をあらせず、御殿へ乗り入れ、面御堂の御番衆も御殿へ一手になられ候。
>御厩より(人名省略)切つて出で討死。此の外御中間衆(人名省略)御厩にて討死。
>御殿の内にて(人名省略)討死侯なり。(中略)
>御台所の口にては、高橋虎松、暫らく支へ合せ、比類なき働きなり。
>信長、初めには、御弓を取り合ひ、二、三つ遊ばし侯へば、何れも時刻到来侯て、御弓の絃切れ、
>其の後、御鎗にて御戦ひなされ、御肘に鎗疵を被り、引き退き、是れまで御そばに女どもつきそひて居り申し侯を、
>女はくるしからず、急ぎ罷り出でよと、仰せられ、追ひ出させられ、
>既に御殿に火を懸け、焼け来なり侯。御姿を御見せあるまじきと、おぼしめされ侯か、
>殿中奥深入り給ひ、内よりも御南戸の口を引き立て、無情に御腹めされ、

と、書かれています。

この記事から、本能寺の本坊である表御堂に信長は宿泊していなかったと読み取れる上に、
明智軍に囲まれて変を知った信長が、御殿へ隙もなく移動できていたり、
主な戦闘場所が、御殿・厩・台所の口と記録されている事からして、

信長の泊まっていた場所は、本能寺内の塔頭を歴博甲本の細川管領邸のように改造した御殿と思われます。

寺院内の塔頭であれば40m四方というのは標準サイズではないでしょうか?

門を入ると光浄院の客澱のような主殿と、遠侍付きの厩、台所が並んで立ち、
裏手に、信長の寝室のある常御所や湯殿、倉庫などが立っていたと思われます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー