安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルま中=まんなか
記事No: 410 [関連記事]
投稿日: 2008/02/01(Fri) 20:13
投稿者淳也

こんにちは、
あまり更新されないサイトに投稿していただき
ありがとうございます。

> 1階(二重目)の部分に「ま中あり」という記述があるのですが、

これは信長公記の記述ですね。信長公記は安土日記の改訂版なので、
安土日記を見たほうが、文の意味がよくわかります。

安土日記には「高サ十六間々中」(たかさじゅうろっけんまなか)
と書かれていて、太田牛一は、信長公記に改定する際に
「あり」を付け加えている事からして、「あり」の文字は、
語感を整えるために付け加えた言葉で、特に意味はありません。

間中(ま中)についてですが、これは現在一般に言われるところの
「まんなか」であり、当時は「まなか」と表記していました。

つまりこの部分は「(天主の)高さ16間まんなか」
と書かれているわけで、
天主の高さは16.5間ある という意味です。


> 自分はこれが吹き抜けに関するものだとばかりずっと思っていたのですが。「ま中(に穴)あり」と。いかがでしょうか。

歴史研究の際に大切なことは、そのままの資料を読むことです。

(に穴)のような、別の意味を付け加えて読む習慣をつけると、
大胆な理論展開が自由自在にできてしまうので、注意しましょう。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー