安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル狩野永徳展@京都国立博物館(10月16日〜11月18日)
記事No: 388 [関連記事]
投稿日: 2007/10/08(Mon) 17:00
投稿者大陸進出

小澤弘・川嶋将生著「図説・上杉本洛中洛外図屏風を見る」(河出書房新社)

 は解説はもちろん、全ページカラーでとても解りやすくオススメです。
 特に、花の御所の北門には、守護大名にしか許されない赤い毛氈鞍覆(もうせん・くらおおい)を載せた馬を先頭に、管領クラスの要人にしか許されない輿に乗った上杉謙信一行が入る様子が描かれていて、こんな素晴らしい屏風を信長から贈られた上杉謙信が感激して喜んだのがよく解ります。
 この屏風の元々の制作依頼主は、上杉謙信に毛氈鞍覆と白傘袋を差し許した第13代将軍足利義輝で、義輝が暗殺されてしまい、制作代金の回収に困った狩野栄徳が(時代の寵児で天下を取りそうな)信長に売り込み、その出来栄えに感激した信長が買い取って、(越後の龍)上杉謙信への贈り物としたそうです。安土城の襖絵の制作を狩野栄徳に注文するキッカケになったまさに歴史的な屏風で、その実物を見れるのは貴重なチャンスだと思います。

NHKその時歴史が動いた「謙信おそるべし!」
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2007_04.html#01

鰭板塀…第6代義教と第12代義晴の室町殿(花の御所)の違い
http://hmuseum.doshisha.ac.jp/html/articles/saga2/detail.asp?xml=saga20020823.xml


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー