安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 安土城天主は三度建建てられた?
記事No: 372 [関連記事]
投稿日: 2007/09/27(Thu) 23:13
投稿者淳也

天正4年の4月1日から石垣工事が始まる事から考えると、
この時点ではすでに天主台の造成工事が行われていたはずで、

造成工事中の天主の近辺で待っていた場合でも、
『兼見卿記』に書かれるような表現は出来るのではないでしょうか?


ただ、信長のもとには様々な使者が面会に訪れていて、

天正6年1月12日の『津田宗及茶湯日記』でも、
>天主を始め方々拝見見申候、其後、
>黄金見せさせられ候はん由成らせられ、上意候て、
>たつたつさんの絵の御座敷に相待ち申し候に、
>かうさくの絵の御座敷にて見申し候、
>黄金一万枚ほど見申し候。

工事期間中の仮の御殿とはいえ、信長の住んでいた御殿は、
障壁画が描かれた本格的なものだったようなので、
室町時代の上流武士の屋敷の定型である楼閣建築(この場合は天主か?)
が御殿に付属しているのは、ある意味常識かもしれません。

また、あまり考えたことが無かったのですが、
安土山における信長の仮御殿はどこに建てられたのでしょうか?
石垣工事の関係からいって、主郭部分でないことは確かなのですが、
伝堀久太郎邸か馬場平あたりでしょうか?

一家臣の厩としては立派過ぎると発掘調査報告で言われている、
伝秀吉邸が、実は工事中の信長の仮御殿だった可能性も・・・。


とはいうものの、
よく考えると、岐阜や小牧山・清洲では信長はどのような構成の屋敷に住んでいたのか、
全く解らないとしか言いようがないので、この件はコメント無しということで・・・。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー