安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル安土城天主は三度建建てられた?
記事No: 371 [関連記事]
投稿日: 2007/09/27(Thu) 17:53
投稿者Tm.

今回の「天主倒壊問題」の議論のなかで知ったことなのですが、
『兼見卿記』天正4年の3月4日の条には

  然間登城、相待天主近邊、左大将殿自普請御皈城、

とあり、築城が始まって2ヶ月後の時点において、既に信長の
御座所(城)には「天主」が建っていたようです。

兼見はそれまでにも光秀の坂本城で天主の作事を目にし(元亀3年12月24日)、
義昭の「御城」では天主の修築に借出されている(同4年4月21日)ことからも、
物理的に「天主」の定義を理解していたと考えられます。

その上、同年7月には破却された「御城」の天主(坤角三重櫓・西之御楯)が
安土へと運ばれており、かつて西ヶ谷恭弘氏は同7年完成の天主の上部が
それではないかとのトンデモな説を主張されていましたが、急造されたであろう
天主に替わり、新たな天主とされたのではないでしょうか。

もしそうだとすれば、天正7年に完成した天主は三代目であったことになりそうですね。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー