安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル狩野永徳展@京都国立博物館(10月16日〜11月18日)
記事No: 367 [関連記事]
投稿日: 2007/09/18(Tue) 20:00
投稿者大陸進出

狩野永徳展@京都国立博物館(10月16日〜11月18日) 画像サイズ: 488×312 (29kB)  安土城の襖絵や障壁画を描いた狩野永徳展が開催されます。

〜信長さま・秀吉さま、ご推奨!!天下をとった絵師、京都に見参〜
http://eitoku.exh.jp

 狩野永徳の動きと力に満ちた繊細で温かみのある筆致は、繊細ではあっても動きや力がなく寒々しい感じの信長の館の復元天主(5・6階)の襖絵とはビミョーに違うと思います。実際の安土城の襖絵は「そうそう、この感じ!この質感!さすがは狩野永徳!」と思わず感嘆の声を上げてしまうほど見事な出来栄えだったはずです。その雰囲気を味わうために、ぜひ実物を見て来たいと思います(大学は歴史のある京都にしたいので、その下見を兼ねて)。

 ただ、永徳は人物や動植物は素晴らしいのですが、建物が苦手のようで、洛中洛外図屏風の上杉本では、内裏や花の御所、お寺の屋根の傾斜があり得ないほど急過ぎ、また金閣や銀閣の高欄が朱塗りとなっていて、実物に忠実でない箇所があります(永徳の祖父、元信が描いた町田本は建物が忠実で、屋根の勾配も美しいです)。安土には京都ほどたくさんの建物はなかったでしょうし、「信長が納得いくまで何度も描き直させ、正親町天皇の所望も無視したほど大切にしていた(by宣教師)」ので多分大丈夫だとは思いますが、安土城之図屏風に描かれている安土城天主が実物と寸分違わない出来であることを祈ります。

 ちなみに、今回の展示会では、
-永徳が描いた信長の肖像↓も展示されるそうです。ちょっとタレ目で志村けんみたいです(^^) 
http://eitoku.exh.jp/highlight.html

 淳也さんは信長の肖像や木像の中で、どれが一番実物に近いと思いますか?

-京都の阿弥陀寺にある信長の木像↓は秀吉が作らせたので信憑性が高いそうです(白黒版)。永徳画のイメージにも合致しています。
http://image.blog.livedoor.jp/marbow_archeo/imgs/b/4/b4a81bc8.jpg
-カラー版(左は信忠の木像)。
http://www.nobunaga-lab.com/labo/07_ibutu/07-03_iseki/image/amidaji-04.jpg
この木像の口元から顎の感じが千原ジュニアにそっくりなので、最近千原ジュニアが気になって仕方ありません(^^) 


 また襖絵や障壁画、欄間の彫刻とともに安土城天主の内装を豪華絢爛にしていた飾り物についても発見してしまいました!

-擬宝珠=「天下橋(3階)」「天上階段(5階⇔6階)」「天主回縁(6階外部)」などに採用。信長専用路を示す。
-吊り灯篭=「天下の中心」宝塔を大切に囲む吹き抜け(地下1階〜3階)に複数採用。
 
 内藤昌先生は、吊り灯篭を純金製の六角形&織田木瓜の家紋入りで気品があって美しいデザインとし、擬宝珠のデザインを工夫し、手で掴める開花型(花びらが垂れ下がり、花の芯が剥き出し)として、5階→6階の階段を登る信長がスムーズに神仏を乗り越え天の主となれるようになっています。何しろ、大道具さんが作る大河ドラマの舞台セットではなく、奥義を極めてその道で天下を取った天下一の職人だけを集めて作った天下城なのですから、当然考え抜かれていたハズです(^^)
 内藤先生の折角の工夫から後退してしまいますが、擬宝珠は開花型よりタマネギ型のほうが格調高く美しいので、例えば、
-天上階段(5階⇔6階)は梯子並みの急階段なので内藤案のように手でシッカリ掴めるような実用重視の開花型でも、
-天下橋(3階)、天主回縁(6階外部)は掴む必要がないので、瀬田の唐橋と同じ美しいタマネギ型の擬宝珠。
という感じのセンスがあればもっとステキです!(^^) 淳也さんのご意見よろしくおねがいします。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー