安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 内藤案について
記事No: 363 [関連記事]
投稿日: 2007/09/17(Mon) 16:06
投稿者大陸進出

Re: 内藤案について 画像サイズ: 363×477 (37kB)  Dear淳也さん(前回漢字を間違えてスイマセン!!変換ミスでした)、銀閣寺の復元お疲れ様でした(ステキです!!)。

 また最新号「安土城の宗教」にも100%賛成です!
 神仏の価値を認めないなら、神になるという行為や、更にそれを乗り越えて天主になるという行為そのものにも価値がなくなってしまいます。また「【信長=神】>天子(天皇)>人間」ということは理解できても「【信長>神】>天子>人間」という罰当たりな発想がなかったお爺さん(村井貞勝。メモを本にまとめる際5階と6階を挿し違え)に罪はないです。

 ところで、3階⇔4階の階段の位置は、もしかすると天守指図でokなのかもしれません。

 その理由は、信長のプライベート空間である天主3階の中央に掛かっていた橋は「高欄擬宝珠」=信長専用の「天下橋」ですから、身の回りの世話をする小姓や女中、茶坊主たちは、吹き抜け空間に突き出し、ぐるり360°回った縁側(幅4尺として約1.2m。転落防止の欄干付き)を往来し、各座敷に居住する信長や側室達、それぞれの子供達の身の回りの世話(着替えや給仕など)をしていたわけで、いわばライフラインである回遊式の縁側を、例え(階段とはいえ)一箇所でも塞いでしまうと、日常生活に支障を来たす恐れがあるからです。
 
 もし天守指図の階段位置だと、吹き抜け回縁への出入り口が2間分取れ、(階段室から見て)右側の襖からは東北の各座敷へ、左側からは南西の各座敷へ最短距離で行くことができます。また北西の「御鷹の間」と北東の「御座敷」(黄金の茶室)は「御」が付いているので、信長専用の部屋を示していると考えられます。この2つの信長専用座敷のうち、非日常の精神性を大切にする茶室に寝起きするとは考えられないので、「御鷹の間」が信長の寝室だと判ります(しかもこの部屋の窓からは琵琶湖(大中湖)の絶景と常楽寺港(弁天湖)の賑わいが一望できます)。短気な信長は「チッ!」と舌打ちさせるような一旦回り込む経路ではなく、よりスムーズに「天下橋」を渡れるよう棟梁に工夫させたはずです。

 それに伴って階段が3階「松の間」の東北の壁に二畳分食い込んで床の間が潰れてしまいますが、窓の位置が部屋の中心を西に1間ずれていることがそれを裏付けているのではないでしょうか?
 また小屋の段の南北がそれぞれ1間7尺(2.1m)ずつ奥まると、今度は大屋根破風内の水捌けや一段高しの8畳間(4畳半)の火灯窓の位置や大きさが問題になりませんか?

P/S
 例え天正6年に地震や台風で工事中の天主が倒壊したとしても、天下普請で畿内の貴賎を総動員して「とにかく急ぎに急ぎせよ!!」と天守指図通りの天主閣を完成させたことは間違いありません。お小遣い稼ぎであることがハッキリしている宮上案(ペーパークラフト)・西ヶ谷案(雑誌の挿絵)・兵頭案(本)・森案(論文)・佐藤案(雑誌)である可能性はゼロですので安心してください(^^) 
例:開閉する外扉の内側に釈迦説法図を描くわけがない(∵にわか雨に晒される)→5階に高欄は回っていなかったのですから。
 こんなものに月6000円のお小遣いを巻き上げられてはたまりません!!「世の人々を騙しては金銭を巻き上げる詐欺師」を成敗してほしいです。もう一回淳也さんに誓います。これからも安土城にはビタ一文使いません!!インターネットと図書館と歴史番組、内藤昌著「復元安土城」(講談社学術文庫1260円。夏休みの宿題「よみがえる邪説!平楽城」を読んだ日本史の先生がプレゼントしてくれました!これも淳也さんのおかげです。ありがとうございました!)で十分です!
 ただし、もし「JR青春18キップ&ユースホステル利用!淳也さんと行く安土城(比叡山・小谷・長浜・坂本・大溝・彦根)ツアー」みたいな企画旅行が出来たらぜひ参加したいです!!淳也さん直々の解説があって初めて安土城跡や信長の館に行く価値があると確信します!もし特別ゲストに内藤昌先生が来てくれたら内藤昌&淳也さんのゴールデンコンビのトークショーに感動して泣きそうです(本にサインください)T_T
 ところでYouTubeで兵頭案(?)の復元天主を見つけました。どうせやらかすならここまでやって欲しいです(^^)

織田信長 Part24 安土
http://www.youtube.com/watch?v=1P9H47M_lv0

Canon ペーパークラフト無料ダウンロード
http://cp.c-ij.com/japan/papercraft/


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー