安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル天井画と群青
記事No: 343 [関連記事]
投稿日: 2007/08/15(Wed) 09:45
投稿者大陸進出

信長の旗印と言えば、ご存知「南無妙法蓮華経(永楽通宝)」ですが、法華経には聖徳太子も関係しています。

  日本書紀によると、606(推古14)年、聖徳太子が法華経を講じ、615年、法華経の注釈書「法華義疏」を著す。
  このことから聖徳太子以来、法華経は仏教の重要な経典のひとつとされた。

また、鎌倉時代に法華経を広めた日蓮(1222-1282)の布教モチベーションが

一天四海 皆 妙法に帰す

で、一天は太陽、四海は四方(よも)の海で、全世界を指します。全世界をあまねく妙法(法華経=正しい教え⇔邪法)に導くという意味で、「うぬ(明智光秀、上杉謙信)が好みの古き化け物ども」と戦い「天下布武」に邁進中の信長は大いに共感し、モチベーションを高めたと思います。これらを念頭に安土城天主閣を見ていくと、信長の考えていたことがよく解ります。

[一重目〜五重目]=人間界(天下=四海)
-日本列島の中心地点、安土山頂に宝塔を建て、大聖堂建築でそれを取り囲み、天下布武&国家鎮守の日本国王としてそこに住む。
 →宝塔前に祈祷室を設け、宝塔真上に橋を架けて「天下人」としての意識と「天下統一」へのモチベーションを高める。
 →戦国乱世という現状に対応するべく、火矢対策の白漆喰壁(大壁構造)と瓦屋根で仕上げる。四海(四階)をイメージした青瓦で葺く。
[六重目]=神仏の住む天上界(朱塗り柱の真壁構造)
-大聖堂建築の上に神仏の住む天上界を置く。
 →神仏習合を示す八角堂。その内側に仏教画題(釈迦説法と地獄絵図と天人影向図)を描かせ、外側を神社風に仕上げる。
[六重目と七重目の間]=宇宙空間(群青)
-神仏の住む天上界と天道(太陽)の間の宇宙空間を示す群青で塗る→日本人宇宙飛行士、織田信長さん(43)。
[七重目]=太陽(一天)
-宇宙空間を旅して最上階に至り、天道=日の子=太陽=天上界と天下界を支配する最高神になる(足利義満の金閣寺を参照)。
 →赤瓦と黄金(五穀豊穣&大漁)で仕上げる。太陽の運行方向を示す東西の入母屋、火伏せに一対の鯱(東国西国)を載せる。

 日本列島の中心に位置し、帝釈天と四天王の住む須弥山に見立てた安土山、東西軸とある重要な方向(京都-岐阜ラインはその副産物)を示す軸からなる平行四辺形、ある天体から見てある図形になるように北を長くし、ある重要な天体と須弥山(蛇+亀+象×3)を示し、ある重要な神社のパワーを取り込むために隅切りを行った天主台とその下の本丸行幸御殿(1間=7尺2寸)。
その上に建つ天主閣の櫓部(1F〜5F)で天下統一し安堵する「日本国王」に、望楼部(6F〜7F)で神仏の住む天上界を飛び超えて宇宙空間に飛び出し、「天の主」(太陽と北極星)になろうとしたのです!

 これにより、金閣ではなく、その下の夢殿に天人影向図を描かせた理由も、「信長公記」や「安土日記」が天井画の画題を上下取り違えた理由も完全に理解できます。信長には天人に見下されるのではなく、天人を見下す必要があったのです!「天人を見下す天の主」という発想がない太田牛一や村井貞勝は、後で本にまとめる際、この上下関係を取り違えてしまいましたし、それを読んだ後世の人も次から次へと取り違えてしまうのです。ですから最上階の天井に天人影向図を描いてる復元案はその時点でアウト!です。天人に見下されてる以上、「天の主」ではなくなるからです。

 もうハッキリ言います!アイツ(天守指図)は稀代の本物です!(by梅宮辰夫)

P/S
淳也さんのおかげで、高校生活最後の夏休み自由研究「よみがえる邪説平楽城 」になりました(^^)。
信長のおかげで一段とレベルアップ&パワーアップしたような気がします。この猛暑もなんとか乗り切れそうです(^^)。

 内藤昌先生の復元安土城天主+淳也さんの指摘(夢殿付け根の破風=小屋の段と階段のあかり取り)+邪説平楽城の塗り絵

を以って私の結論といたします。
来年の信長まつり(6月2日)にはぜひ安土城跡に行って、天主台と信長の家(原寸大復元)を見てみたいと思います。
このサイトを作ってくださって本当にありがとうございました!


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー