安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe:疑問2 緑色の格子
記事No: 334 [関連記事]
投稿日: 2007/05/28(Mon) 20:09
投稿者淳也

こんにちは、
あまり更新されないページに来ていただきありがとうございます。

安土城の外観は、
>彦根城に法隆寺夢殿と金閣寺を乗っけたようなお城
で、基本的には良いのではないでしょうか?

天守指図・宣教師の記述・カータリーの版画の
3点の資料の条件を満たす下層部の復元案は、
彦根城の外観になるものと思われます。


さて、時間もないので?今日はとりあえず(疑問2)の件ですが。

>  金箔を貼り付けた七重目の外壁の飾りに、なぜわざわざ何の細工もない安っぽい緑色の格子を嵌め込んでいるのか?
>
>  これではまるで「金箔を貼るカネがもうなくなってシモタ…」と天下に宣言しているようなものではないでしょうか?
>  この場合は羽目板とは逆に、どうせ金箔を貼るなら金閣寺のように全部金箔で貼らないと中途半端な気がします。


緑色の格子を安っぽいと思えるのは、
現代では人工顔料で安価に塗料が入手できるからであって、
当時の緑色といえば、孔雀石を砕いて作った岩絵具が原料なので、
材料代を考えれば金箔の方がよっぽど安く上がります。

現代でも、金より岩絵具の方が高価なので、
当時の人は、緑色の格子を安っぽいとは思わなかったと考えられます。

また、宣教師の記録には、最上階は金と青色、と書かれています。

復元案というものは、すべての資料に矛盾がない
組み合わせを考えることが基本だと思うので、
たとえ中途半端な気がしても、
最上階は、金箔に緑色の格子であったと思います。

その他についてはまた後日。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー