[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル『よみがえる真説安土城』書評
記事No: 319 [関連記事]
投稿日: 2006/12/12(Tue) 20:52
投稿者

『よみがえる真説安土城』の書評が、最近発行された『織豊期研究』第8号に掲載されています。紙幅の大半を佐藤大規・三浦正幸両氏の復元について割いております。興味のある方はご覧ください。


タイトルRe: 『よみがえる真説安土城』書評
記事No: 323 [関連記事]
投稿日: 2007/01/21(Sun) 20:55
投稿者Tm.

> 『よみがえる真説安土城』の書評が、最近発行された『織豊期研究』第8号に掲載されています。紙幅の大半を佐藤大規・三浦正幸両氏の復元について割いております。興味のある方はご覧ください。

なかなか『織豊期研究』第8号を閲覧する時間的余裕がありませんが(購入すれば良いのですが)、
内容的には好意的なのでしょうか、それとも懐疑的なのでしょうか。


タイトルRe: 『よみがえる真説安土城』書評
記事No: 325 [関連記事]
投稿日: 2007/01/22(Mon) 23:41
投稿者

> 内容的には好意的なのでしょうか、それとも懐疑的なのでしょうか。

これがまた懐疑的とかいうレベルではなくとても辛辣なもので、調査に携わった立場からの批判にかなりの紙幅が割かれており、締めくくりにはお手軽本を乱発する出版社に対する苦言まで呈されているような状況です。確かに妥当な批判のように思います。

…今度ある検討会というのも、このことに関係あるかも…とつい考えてしまいます。