安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル懸造りについて
記事No: 261 [関連記事]
投稿日: 2005/04/30(Sat) 10:24
投稿者Tm.

> 天守閣に懸造り?ですか、
> 天守台の周囲に礎石でも見つかったのでしょうか?
> 石垣の一部、段上に礎石代わりになる構造の痕跡でも見つかったのでしょうか、
> 建築学会に発表されたという論文,私も早速探してみてみます。

別トピで紹介させていだきましたが、佐藤大規氏は当初、「懸造り」とすることで
『信長公記』に記されている「17間に20間」の規模を成立させようとされていた
ようですが、結局は不等辺多角形の上面に納まる形を選ばれたようです。

その佐藤氏が「懸造り」の根拠としたのは、天主台南西隅下部からそれに沿う形で
発見された礎石群であったと思われます。
ただしそれでも結局は不等辺多角形にならざるを得ず、それが変更の理由ではないか
と推察します。


> というより、天守台の石倉の形状です。外郭の石垣形状とは、無関係な形状でつくれます。そのことに注目してください。

最初のレスでも申し上げた通り、そのことは天主台より小さい規模で天主が建てられて
いたと主張するうえでのネックです。


> 天守台の石垣の最下部より、石倉床レベルは、高いはずですから。石垣工事中の途中で、
> 天守閣の最終プランができたのなら、石垣の形状の変更修正もできますし、なによりも、
> 石倉を、平行四辺形を変形した多角形にする必然ありません。
> 内部の石倉の深さ等により必要厚さは、変わりますが、構造上、納まり上の必要厚ささえ確保さえすれば、
> 外郭が(不等辺)八角形であろうが、七角形であろうが、当然、石倉は、正方形や、長方形平面にできるのです。

森嶋さんも言われていることですが、自分も石蔵の深さはさほどない六尺前後で
(宮上氏のように二段石垣であったとみていません)、結果として半地式の構造では
なかったかと推察しています。
そうしたなかで、以前申し上げた孕みの問題には日ノ本さんのご指摘された雨水の
浸透も想定しており、そうしたことからも外辺からの均等化が考慮されているのでは
ないかと考えています。


> 石倉、石垣の形状は、意図があり、作られたと考えるのが自然な理解とは思えませんか。

従って、外辺=石垣の形状は縄張りの上から、内辺=石倉は耐久性を考慮したうえで
の相似形であったと考えます。


> 最近の復元案ですから、実態の石垣と、石倉、礎石、実測調査に基づき、史料と、大きくい違わない空想復元案でない、根拠にもとづく推定復元案が提示されたのだろうと思いますが、懸造りは疑問に感じます。

そもそも、佐藤氏の論文は宮上氏批判を前提に進められており、素人眼にはかなり恣意的な解釈が
なされているやに思われます。
いわゆる書院建築の広縁と櫓建築の武者走り(入り側縁)が二重に廻らされていたとする
主張については、是非とも日ノ本さんのご意見を伺いたいところです。

ただし、『城のつくり方図典』に掲載されているのは一方向の立・断面図のみであり
詳しい変更箇所や理由は不明ですから、今後の正式な発表が待たれます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー