安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル【天下城】の佐々木譲氏に送ったメールです。
記事No: 222 [関連記事]
投稿日: 2005/04/15(Fri) 03:02
投稿者

はじめまして、日ノ本三十之(本名を崩して使ってます)です。私は、建築士です。

安土城関連のサイトをサーフィンしましたら、佐々木さんのサイトに行き当たりました。

佐々木さんのいう、
【わざわざ不整形八角形の建物を建てることの不可解
最初から1階部分を不整形八角形という、
工事のしにくい、ふしぎな建物として構想していたことになる。
なぜそんなかたちの建物をわざわざ造らねばならないか。】

不整形八角形の天主台は、いわゆる設計図どうりに築かれたのです。
その形態に建てなければいけない理由があったのです。
意図があっての形態なんです。

安土城の天主台石垣は、完全調査は未了のようですが、内部の石倉は、安土城郭研究所によって、
実測調査されております。天守台は、不整形八角形ではありますが、八辺のうち、長辺の四辺、各二辺毎は、平行で、正確な方位性をもって築かれています。また、これらは、正四辺形の内接不整形八角形である
ことが、意図的な形態であることを示しています。

不整形八角形は、当初から、佐々木さんが考察されているとうり、
石工が、未熟なためではないのです。また、
何故なら、

天主台は、不整形の狭小な、勾配のあるがけっぷちに建てられているわけでもないですし、
天主台の周囲には、余裕があります。
正確に、正四辺形の台を築くのは、当時の技術力でも一番簡単な事です。
たとえば、基部が、正四辺形で、技術不足のため上部が、少し崩れた四辺形という
程度では、当然ありませんから、、、
技術、うんぬんの問題で述べる次元の解説外の事です。

佐々木さん自身が、自論の一部に納得されていないはずです。


【天主のその規模、かたちについて、石積み職人衆は事前に建築プランを熟知していた。
そのうえで、天主台の石を積み、必要な場所に礎石を埋めていったのである。】
は正しいのです。

ところで、
佐々木さんは、信長が、自分の築いた安土城が、下方に見下されるのを良しとして、安土の倍近くの高さのある、また大規模な、隣接の観音寺城の再利用を図らず、何故、ぞの出丸、支城的である地に、天下城を築いたか、明快な答えを出すことができるでしょうか、

以上の内容での
何故、天主台が、不整形八角形なのか、
何故、安土に天下城を築いたのか、
この二つの疑問に、明快な答えを、わたしは、出せます。

実は、私の趣味の建築の研究の副産物として、これらは解明したことですが、
今年中に、日本建築学会他にて、発表しますので、
その際には、ぜひ、一報しますので、聴きにおいでくだされば幸いです。

                                     
                                     日ノ本三十之 

このサイトも、興味深く見させていただきました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー