安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル新・安土城天主一階平面推定復元図
記事No: 205 [関連記事]
投稿日: 2005/04/01(Fri) 23:49
投稿者森嶋

新・安土城天主一階平面推定復元図 画像サイズ: 680×645 (45kB) 1 十二畳敷 墨絵ニ 梅之御絵を被遊候 同間内 御書院有 是ニ遠寺晩鐘 景気被書
2 次四てう敷 雉の子を愛する所 御棚ニ鳩計かゝせられ
3 又十二てう敷ニ 鵝をかゝせられ 鵝の間申也
4 又其次八畳敷 唐の儒者達をかゝせられ
5 南 又十二てう敷
6 又八てう敷
7 東 十二畳敷
8 御縁六てう敷
9 次三てう敷
10 其次八てう敷 御膳を拵申所也
11 又其次八畳敷 御膳拵申所  
12 六てう敷 御南戸  
13 又六畳敷
14 北之方 御土蔵有
15 其次 御座敷 廿六畳敷御なんと也
16 西 六てう敷
17 次十七てう敷
18 又其次 十畳敷
19 同十二畳敷


1は信長の居間(書院は省略),
19は信長の寝室,6は信長専用の納戸(場所から考えて書庫か),

2,3は重臣との対面座敷(2の棚は省略),
4は重臣の控え室,

5は信長側近の小姓の詰所,

7は天主を警備する武士の詰所,8は縁側で門の監視するための部屋,

9は壁がなく上段に畳が敷かれているだけで,
門・階段室を監視する武士のための座敷と考えます.

階段室が広すぎるように感じるかもしれませんが,
多くの人間が出入りするのですから,このぐらいの広さがないと不便だと思います.

10,11は膳の準備のための部屋,12,13は食器,膳などのための納戸です.
これらの部屋は,天主だけでなく,
天主西側の伝二の丸にあった御殿の食事の準備もしたかもしれません.

14は土蔵,15・18は信長専用の納戸,17は妻妾の詰所,16は侍女の詰所と考えます.


天主台中央の礎石のない穴が掘立柱の跡であり,
この柱が天主中央にあったとすると,
宮上説の想定より,天主は南へずれます.

その結果,天主南側の石垣に沿って天主が建設されたと考えられますので,
転落防止のために天主一階南側の建具は舞良戸ではなく,
上の階と同じ突上戸,あるいは,黒漆塗の格子戸だと考えます.
安土城は南側が正面であり,見栄えの良さも考えて,
このようにしたのだろうと思います.

天主の規模が十二間四方と仮定すると,天主台の北側は空地が大きいので,
T.mさんのアイデアを使用させていただき,北側の空地に土蔵があったと考えます.
ただし,14の土蔵は付櫓ではなく独立した建物だったと推測します.


以前と大きく違うところは,
他の建物とつながる廊下の位置です.

まず天主東側の廊下について.
天主曲輪入口の門の上は廊下になっていて天主へつながっていると考えます.
この廊下は食事を運ぶときと信長・上客だけが移動に使い,
他の人間は天主地下一階から出入したと考えます.

宮上説では,天主地下一階の地面から一階の床下までの高さを14尺余と推測していますが,
私は10尺だと考え,
石垣もそれに応じて宮上説より低かったと思います.


天主西側の廊下について.
以前は,天主台南西にある,伝二の丸入口の建物と天主が直接つながっていると考えていましたが,
やはりそれは無理があるので,
信長の妻妾が住んでいたと考えられる伝二の丸の建物と天主がつながっていると訂正します.


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー