安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 城の再発見!天守が建てられた本当の理由
記事No: 457 [関連記事]
投稿日: 2009/01/05(Mon) 07:01
投稿者Tm.

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
話題を振っておきながら返事が送れすいませんでした。


哲平さん
> 確かに夏の陣と冬の陣の屏風絵では天守が違いすぎますもんね

正直なところ「夏の陣図」のそれは、実物を見たことの無い絵師が、当世様(層塔型)の天守をそれ(豊臣大坂城)風に描いたものであり、雰囲気は伝えている(最上階など)ものの細部までを全面的には信用するわけにはいかない、というのが自論です。
一方の「冬の陣図」は天守北側の腰曲輪部分の付庇を確り描いており、題材的な条件からしても、それを描いた絵師は実物を見たことがあった(御殿障壁画の製作にも参加?)と考えられますし、敢て秀吉の代の姿で描いたというのは首肯し難く思います。
おそらく、秀頼の代に修理、改築(最上階の軒唐破風など)もあったとは思いますが、全くに新築されたとは考えられませんね。


淳也さん
> >名護屋城天守台跡の礎石における特異な柱割
> とは、1.5間幅の柱割りの事でしょうか?

というより、10尺間、9尺間、6尺5寸間が混在するという状況をどのように考えるべきか、これまで7尺間だとばかり思い込んでいたので、それを知ったときには衝撃を受けました。
また、中央に芯柱のものかと思われる方13尺間の礎石が据えられいるのは、その部分が《吹き抜け》にでもなっていたのかとも思わせられます(笑
果たしてそれが、名護屋城特異なものなのか否か興味が持たれるところですが、最近でも三浦正幸氏によって新たな復元図(外観のみ?)が発表されているものの、そうした事実には触れられておらず、また反映されてもいない様ですから悩まされること頻りです。


PS.ディアゴスティーニの『週刊安土城を作る』がよいよ全国発売されますね。佐藤氏の復元案には同意しかねるものの、購入するつもりです。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー