安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 城の再発見!天守が建てられた本当の理由
記事No: 455 [関連記事]
投稿日: 2008/12/31(Wed) 10:27
投稿者淳也
URLhttp://blog.goo.ne.jp/asitaka_001

Tm.さん哲平さん、こんにちは、
最近は、信長が建立したハ見寺の復元で遊んでまして、
すっかり安土城天主の復元考察が滞っております。

さて、
秀頼が大坂城を再建したという説は、これが初めてではないでしょうか?

考えてみると、
江戸城も、家光までは、代替りごとに天守を建て替えていたので、
秀頼の代で天守を建て替えた可能性は、十分に考えられます。

>名護屋城天守台跡の礎石における特異な柱割
とは、1.5間幅の柱割りの事でしょうか?

たしか、現存の姫路城にもあったように思われます。

天守内部を、御殿(座敷)として使用する場合、
柱割を1間幅に固定してしまうと、
部屋の広さが自由にならないからではないかと・・・。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー