[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル安土城主郭部の御殿の配置について
記事No: 317 [関連記事]
投稿日: 2006/11/08(Wed) 12:37
投稿者taka

はじめまして。いち城好き(というより安土城好き)のtakaといいます。最近こちらのHPを見つけ、安土城に関する資料のほか、掲示板でのとても内容の濃い議論などがなされていて非常に素晴らしいと思いました。
今回書き込みをさせていただいたのは、タイトルのとおり安土城主郭部の御殿の配置についてなのですが、発掘調査により、伝本丸から清涼殿風の建物と天主への渡り廊下と思われる礎石の発見、伝蛇石付近からの礎石(真説安土城にある階)、天主台取付部の縁(台所上)に配置された礎石、伝三の丸と伝本丸をつなぐと思われる礎石の発見など、主郭部の礎石の状況が徐々に判明しつつあるようですが、いざ復元となると、2000年4月の朝日新聞に掲載された藤村氏の想定図や真説安土城の建物の配置など、いまだおおよその見当しかできていない状態だといえると思います(発掘状況は自分の記憶にあるものなので最新のものとはいえないかもしれませんが・・・)。
そこで、皆さんは主郭部の御殿の配置がどのようであったと考えているのか教えていただけないでしょうか?