安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 安土山についてふと思ったこと
記事No: 302 [関連記事]
投稿日: 2006/02/15(Wed) 00:18
投稿者淳也

はじまして。

安土城を見てこられたとは、よかったですね。
このページの作者は、安土城についての考察をしている割には、
実は一度も安土に行ったことがありません、
今年の秋には行って見ようかと、毎年思ってたりします・・・(^^)


安土山が「水」の形をしているとの事ですが、
室町時代には航空写真というものが無いので、
信長は上空からの安土山を見た事がないと思われます。

当時の安土山は、琵琶湖の内湖の大中の湖のさらに内湖の伊庭内湖に面していて、
琵琶湖から見ると三重の湖に囲まれた中にある山に見えます。

仏教における世界の中心である須弥山は七重の海と山に囲まれているそうなので、
安土山に城を築いたのは、須弥山になぞらえたものと私は考えています。


> 当時のヨーロッパの音楽にも「フィグール」という、楽譜の形状でさまざまな意味を
> 持たせるという技法があります。キリスト教といえば音楽が欠かせないわけでして、
> 信長の音楽事情はどうだったんでしょうか・・・。

安土城で、「フィグール」に近い用法としては、障壁画があげられると思います。
安土日記に書かれる画題を検証すると、それぞれの絵の組み合わせが、
天主内部で意味を持って配置されているのではないかと思っています。


宣教師の記録によると、信長は安土のセミナリオで音楽の演奏を聴いたそうなので、
ルネサンスかバロック辺りの西洋音楽は、聴いた事があったと思われますが、
関心の程度については、
信長公記に、信長の芸事は敦盛の一番を舞うだけ、
といったことが書かれている事からして、自分で演奏する気は無かったと思われます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー