安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル佐藤大規氏の復元案
記事No: 283 [関連記事]
投稿日: 2005/07/03(Sun) 23:24
投稿者淳也

HIRO さん はじめまして。

>ずっとROMだったのですが、今日、書店で「城のつくり方辞典」を
>やっと買いに行き(田舎者なのに本は実物見ないと買えないタチなもので…)

我が町の書店では未だに「城のつくり方図典」は書棚に並んでいません、
でも、図書館には早々と5月には入庫してました。


佐藤大規氏の復元案の件ですが、
『2004年度日本建築学会学術講演梗概集』に載っているものと、
『城のつくりかた図典』の口絵では、
あきらかに違いが有りますので、

現状では未だ、最終的な決定稿は完成してないものと思われます。

たしか広島大学の三浦研究室の掲示板に、
『城のつくり方図典』用の安土城の図面がやっと完成した、
といった様な事が、以前書かれていたようでしたので、、、。
(確かめてみようと思ったら、なぜか三浦研究室のページが行方不明!)

安土城天主の復元は、安土日記により、
高さ16.5間・本柱長さ8間・七重・石倉・八角の段、といった細かい条件があるので、
階高と窓の高さと梁や屋根の収め方が、ほとんどパズルみたいな状態で、
佐藤大規さんも、けっこう苦労されているのではないでしょうか?


構造的な問題についてですが、森さんも
>〈技術的には問題のある建築…傾く、雨仕舞いが悪いといった
>構造的に問題が指摘されている天守もありますので〉
と、書かれているように、

歴史的に見れば、
10年も経たずに屋根が傾きだした創建当時の東大寺や、
20年も経たずに風もないのに倒壊している平安時代の出雲大社、
などの例もあることですので、
(現代でも、テレ朝のホールの天井が、雨漏りが原因で落下したりしてます。)

構造的に不安定とか、雨漏りがする程度のことで、
復元案の妥当性を論じるのは難しいと思います。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー