[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル是非ともお話ししたく存じます。
記事No: 272 [関連記事]
投稿日: 2005/06/06(Mon) 14:46
投稿者

 はじめまして。
 東京都葛飾区の中村広司と申します。安土城復元に関しては、私も以前多大な興味を持っていました。今日は、偶然に貴サイトの存在を知りました。
 小松城の吹き抜けに関して、是非ともお話ししたく存じます。
内藤昌氏が、小松城の吹き抜けについて知っていたか或いは、安土城との関連について、問題意識をもっているかどうかと言うことに関してです。実は、私が平成10年3月11日と同3月18日に、そのことを手紙で質問したことがありますので、内藤氏がそのことについて知っていた事は確かだと思います。
 もう七年前になりますが、私の手紙と合わせ、安土城復元に関して私なりに研究した論文を同封し感想を求めたのです。私は、「天守指図」が加賀藩の大工に伝わった点などから、小松城が数寄屋造りの天守であっても、それは、安土城復元に関して吹き抜けを考察する際の有力な物証となりうると考察した論文だったのです。私は不等辺六角形の天守台と五角形の石蔵をもつ「小里城」の天守台との関連や、安土城の一部に、懸け造りなどを想定した復元案も、内藤氏に質問したというわけでした。
 私は建築に関して素人でありましたが、東京工業大学の科学史研究会に入っていたもので、割合気楽に返事が戴けるものと思い、平井聖氏にも平成10年7月3日に、論文を郵送しご意見を求めました。
 しかしながら、両先生からは全く、ご返事を頂けず、またその後ある人から内藤氏はそういうことに関して極めて不親切であるとの評判を耳にし、がっかりして、安土城そのものにも興味を失ってしまいました。そしてそのまま今日に至ったというわけです。
 今日は、安土城に関して、同じような考えをする人がおられるものだと嬉しくなり、また七年前を思い出しメイルを差し上げました。
 では、またこちらのサイトに寄らせて頂きます。


タイトル小松城と小里城について。
記事No: 273 [関連記事]
投稿日: 2005/06/08(Wed) 01:12
投稿者淳也

中村さん、はじめまして。

書き込みありがとうございます。
七年前に安土城に興味を持って、内藤さんに質問されたとは、
なかなか積極的な方ですね。

小松城に吹き抜けが有ったと思われる事は、
このページに良く書き込みをして頂いている、
TMさんも安土城との関連について、書かれておりましたが、

安土城復元に関して、吹き抜けを考察する際の有力な物証となるかは、
怪しいものだと思います。

というのも、
小松城と安土城が同じ構造を持たなければならない必然性は無いので、
たとえ小松城に吹き抜けがあったとしても、

「他に類例が無いから吹き抜けなど無かった。」という、

あまり学問的ではない吹き抜け否定論を否定することしか出来ないので、
吹き抜けを、肯定する役には立たないのではないでしょうか?。

「小里城」の天守台については、後世の積み直しが指摘されているので、
発掘調査によって、創建当時の形が確定するまで、資料としては使えない状態です。



さて、 奇遇なことに、
このサイトを作り始めたのも七年前です。

復元案の基本構造は、取り合えず出来ているのですが、
始めてから現在に至るまで、資料をあたって裏付けを取っている状態で、

天主復元案の提示の前に、
安土城天主跡から発掘された資料もすべて確認しておきたいので、
最終的なサイトの完成は、ほぼ30年後を予定しております。

あまり更新されないサイトですので、
思い出した時に、また寄っていただければ幸いです。