安土城 掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルTm.の天主一階平面復元案
記事No: 271 [関連記事]
投稿日: 2005/05/25(Wed) 19:14
投稿者Tm.

Tm.の天主一階平面復元案 画像サイズ: 753×630 (20kB) 「天主台=天主郭」説を採る立場からすれば本来その平面は完全な矩形であって然るべき
ところですが、とりあえず西側を石蔵の形状に合わせ、中央の穴を心柱のものと仮定し左図のように
復元しました。
日ノ本さんも触れられていますが、施工にあたり出来上がった石蔵の形状に合わせ変更された
可能性もあったのでないかと思います。


『安土日記』に記されているところは

1) 十二畳敷 墨絵ニ梅之御絵を被遊候
  同間内 御書院有 是ニ遠寺晩鐘景気被書まへに盆山被置也、
2) 次四てう敷 雉の子を愛する所 御棚ニ鳩計かゝせられ
3) 又十二てう敷ニ 鵝をかゝせられ 鵝の間申也
4) 又其次八畳敷 唐の儒者達をかゝせられ
5) 南又十二てう敷
6) 又八てう敷
7) 東十二畳敷
8) 御縁六てう敷
9) 次三てう敷
10) 其次八てう敷 御膳を拵申所也
11) 又其次八畳敷 御膳拵申所  
12) 六てう敷 御南戸  
13) 又六畳敷
14) 北之方 御土蔵有
15) 其次御座敷廿六畳敷 御なんと也
16) 西 六てう敷
17) 次十(七)てう敷
18) 又其次十畳敷
19) 同十二畳敷

ですが、その間取りを復元するに、秀吉の大坂城殿舎(「本丸図」)との比較からも機能的には
五つのブロックによる構成の基に設計されていることが指摘できます。

すなわち、

6) 7) 8)によって構成される一画は「遠侍」に、

1)は信長の公的な「居間」兼「書院(執務室)」であり、2) 3) 4) 5)は私的な「対面所」、
9)は「茶湯所」と推測され、10) は「配膳所」=「料理の間」であり、「6間(南辺)×7間」の規模に
納まるこれらの一画は「主殿」に相当し、

「配膳所」である12) および二つの「御南戸」(小姓、女中たちの詰所か)からなる一画は天主取台を
介して東方の台所と接続していたと考えられ、「上台所」であり家臣たちの天主への※通用口であった
とみられ、

二十六畳敷きの「御納戸」である15)、および「侍女(小姓)の控えの間」とみられる16)、
そして信長夫妻の私的な「居間」兼「寝室」と推測される17)18)19) からなるこの一画は、
「本丸図」において奥御殿の際奥、天守の南方に位置し「納戸・御殿」と記されている建物と
平面的にもよく似ており、

14) の「御土蔵」については「本丸図」のそれ「御物土蔵」と一致します。

城郭における御殿構成として、安土城天主一階は(中)奥向きの空間であったと指摘できるかと
思います。

また地階は「本丸図」の奥御殿の北方にあって塀に囲まれ番所を有した「御土蔵」に相当し、
金銀が収められた蔵として※閉鎖的な空間であったとみられます。


現実問題として天主台の上部平面が完全に崩壊している以上「文献」のみでの復元には限界が
ありますが、少なくとも『安土日記』に記録されている部屋の床面積合計と推定される上部の復元
平面との間には差が大きく、「天守指図」のごとく中央にそれを解消する空間を想定しない限り、
天主台の上部全面あるいはそれをはみ出す形での「本体平面」を主張するのは難しいと思われます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報を   削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー